2019年6月24日月曜日

ラブラブライバル5〜急ぐ男たち〜



残された時間
potecoさんによる写真ACからの写真



ここまで書いてて、ふと思い出したんやが、
フランクとは三回デートしてる。

いやぁ、思い出した、思い出した。

カントリーミュージックは
ダンスが印象的やったんと(いろんな意味で)
退屈やったんとで、よう覚えてたけど、

二回目のデートは
普通にレストランで食事やった。
すっかり忘れてた。

というわけで、カントリーミュージックは
三回目のデートでしたわ。


なんでも忘れてしまうなぁ、私。

ま、覚えててもしょうがないことやから、
ええか。



私個人の経験では
六十歳前後、あるいはそれ以上の男性は
一緒に住むことを急ぐ人が多い。

皆が皆とは言わんが、八割くらいの男性が急ぐ(当社比)






先が短いから、早く一緒に過ごしたいのか、

一人で暮らすの寂しいから、早く一緒に過ごしたいのか、

家事全般やってくれる人が欲しいから、早く一緒に過ごしたいのか、

介護要員を確保したいから、早く一緒に過ごしたいのか、

上記全部なのか、そこらへんはわからんが。


二回目のデートあたりで、一緒に暮らす話始めるんやし、
愛があるから一緒になりたい、て理由やないのは明らか。


考える人


とにかく、出会って一回目、二回目のデートで
そういう話を出してくる人が多いから、
いっくら結婚したい私でも、引いてしまう。

すでに二回結婚してんやし、こっちは。

年齢からいっても、もう失敗は許されへんのよ。

気力体力ともに、やり直しの利く年齢やないのよ。

私みたいなお調子者で軽はずみな奴でも
慎重にならざるを得んのよ。



人気ブログランキング



浪花女のサバイバルinアメリカ目次

0 件のコメント:

コメントを投稿

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。