2019年9月14日土曜日

???の気持ち7 最終回


その後、何ヶ月もの間、
ソフィーからは音沙汰なしだったのだが、
ある日突然テキストが来た。

「私は今カリフォルニアにいるから、
母の面倒を見ることができないの。
一回につき40ドル渡すから、
私の母の面倒を見てくれないかしら?」

ソフィーのお母さんは
糖尿病で足が悪く、歩くのにも杖が必要だし、
病院にも通わないといけなかった。

助けたい気持ちは山々だが、
ここはアメリカ。
そして他の人ならともかく、相手はソフィー。

安請け合いして40ドルを受け取って、
お母さんに万が一のことがあったら、
私が訴えられかねない。


断った私に
ソフィーから長文のテキストが届いた。



「私はあんたが一人ぼっちで可哀想やと思ったから
色々助けてあげたのに。

無料でやってくれって言うてんやないのよ。

お金あげるって言うてるんよ。

あんたお金なくて大変なんでしょ?

なんで、休日にちょっと私の母親を見るくらいのことが出来へんのよ?

あんた、そんな性格やからクズみたいな男が引っかかってくるし、
付き合ったところで、男ともうまいこといかんのよ!

私を見なさいよ!私みたいにポジティブに生きてたら、
こうして理想通りの人と巡り会えるのよ!(え?w)

私、今回の件では絶対あんたのこと許さへんから(以下省略)」




・・・・

私が薄情なことは認める。
クズがひっかかってくるのも認める。
男とうまいこといかんのも認める。

ここまで書いて嫌になってきた・・・

しかしなんちゅう言い草。


明るくてみんなの中心だった(短期間限定やったが)
ソフィーの面影はもう一切なかった。

この頃になると、さすがに私の周囲も
ソフィーおかしくね?と思っていたり、
中にはどんないざこざがあったのか、
怒り心頭の人も少なくなかったので、
誰も彼女の母親の面倒を見ることを承諾しなかった。

なんというても、面倒を引き受けて
お母さんに何かあった時、怖い。

うちらに金払うより、プロにまかせるべきや。

言い返す気にもなれないので、
返信はしなかった。

相手が男でも女でも
???と思うのは、本能が私に
なんかおかしいで、やめとけ、て言うてるんやろね。
だって、滅多にそんなこと思わんから、
???て思うてことは、ほんまはよっぽどやねんで。

でも心の方が
いやいや、完璧な人なんかおらんで、
とかなんとか言うて、信じようとする。

学習能力ないなぁ、とは思うけど、
まあ、そのおかげでブログ書けてるから
よしとします。


おわり

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 
  

2 件のコメント:

  1. お早うございます!初コメでレオンと申します。
    読んでいてビックリ(*゚Д゚*)自分の親を格安で人任せにするとか有り得ない事が起きるのですね。。。その後のソフィーやお母様はどうなったのですか?何をここまでソフィーを変えたのですかね(-_-)゛

    返信削除
  2. 怖すぎる('Д')
    よく自分の感情そのまんま相手にぶつけるね
    ストレスなさそう
    乗り込んできーひんか心配じゃなかった?
    そんな内容見たら心ズシーンとしんどくならなかった
    そんな時は同僚にぶちまけただけですっとした?
    私やったら長いこと引きずって引きずって
    人間不信になるわ

    返信削除

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。