2019年11月24日日曜日

ハローグッバイ3


「とりあえず、どのお客様が苦情送って来たのか、
販売履歴調べて、お詫びの手紙出しましょう」

と、化粧品売り場マネージャーに言われたので、
調べてみたわよ。



「その苦情があった日ですが・・・
私、その日は出勤してないんですけど」

「え?それ間違いないの?」

「間違いないです、証拠もあります」

前回は出勤していた日だったので、
「客から苦情が来た」
「接客態度が悪かった」
と言われると、身に覚えがなくても
どうしようもなかったが、
今回は違う。

客が文句を言うてきた日、
レシートに記載されていた日には、
私は出勤していなかったのだ。

「そのこと私が店長に話して、
調べ直してもらうわ!」

店長からはカス扱いされてる私やけど、
化粧品売り場のマネージャーからしたら、
辞めて欲しくない人材ではあるねん。

「いや、もういいです」


私のお得意様が、私の接客に対して
高評価を送っているのは、
なぜか全く反映されなくて、
店長からは
「あなたへの高評価は一つもない」
と言われ、

身に覚えのない、てか、そもそも出勤してへん日の
低評価が届くという・・

私の分身が出勤してたとでも?
クローン?ドッペンゲルガー?
幽体離脱?

私がこの話を同僚にすると、
店長から嫌われてる同僚のひとりが

「私も、お得意様が高評価送ってくれてるのに、
なぜか全く反映されてないんよ」

と言うていた。

もう、バカバカしすぎて腹も立たんし。

本社がめっちゃ重要視してるらしい
お客さんからのsurveyやけど、
どう見ても茶番。

つづく

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 

    

1 件のコメント:

  1. 恐ろしい((((;゜Д゜)))恐ろしすぎる
    ジェニさんよく生きてるわ
    みんな生き残りに必死で、他人を蹴落としてなんぼって
    上司が信用できひんて(;-Д-)
    ジェニさんの話聞いてたら、私なんて意地悪された内に入らへんかもって思えてくる(∋_∈)

    返信削除

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。