2020年10月16日金曜日

電話でデート・恐怖ヤドカリ男 〜後編


「ところで君はどんなとこに住んでるの?」

私はアパートに住んでるよ。

「一人暮らし?」

うん。

「ベッドルームはいくつあるの?」

スタジオやからベッドルームはないよ。

「そっかー、残念だなぁ。
もしベッドルームがあまってたら、
君とルームシェアできたのに」

・・・・・・・・

!!!!!!!

ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!


やめてぇぇぇぇぇ!






私のアパートに
男が転がり込んでくるとか、
絶対、絶対、絶対嫌!!!!

 
鳥だって、
鳥♂が一生懸命材料集めて、
きれいな巣を作ってから
鳥♀に求愛するというのに、
人間の分際で、何ほざいとるねん。

ここまで書いてて、ふと思った。

友達の家に間借り、とか言うてるけど、
友達って男とは限らんよね。

女と住んでるけど、うまいこといかんで、
次に移り住むとこ探してるって可能性もあるよね。

そうやとしたら、相当なクズ。

60歳もすぎて、自立できてない奴なんて、
喋る価値すらない。

あら、猫ちゃんがお散歩に行きたがってるわ、
ごめんね、もう電話切らなくっちゃ。

「君の猫散歩するの?」

そうなのー、するのー(ほんまはせえへん)
じゃあ、またねー!

速攻ブロックしたのでありました。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ 

    

0 件のコメント:

コメントを投稿

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。