2020年10月24日土曜日

怒る男はもらいが少ない 後編

ランチも中盤になってくると、
このご時世なので、
話題が政治のことに流れていったのでございます。

私は、基本、
初対面の人と政治の話はしないので、
当たり障りないように話しててん。

ただ、そんな私でも言わずにおられへんのが、

ここ最近のアメリカは
人々がいがみあってるというか、
憎み合ってるというか。

国が二つに割れてる感じ。

とても残念で悲しい状態。
なんでこんなことになってるんやろ。

喧嘩をやめてー♪二人をとめてー♪
(ここで歌てる場合やない)

みんなアメリカを愛する気持ちは同じはずやのに、
なんで、こんなことになってんや。


そしたらEさんが、待ってましたとばかりに
喋り始めたのですよ。

「これはね、陰謀なんだよ」

え?

・・・・




うん、まあ、世の中には
私の知らんことがいっぱいあるから、
これが陰謀って可能性もある。

でも、初対面、しかもこれ
デートですからね。

いきなり真顔で陰謀論持ってこられたら、
あったりまえやけど、引くよ。

そんな私の気持ちには気づかないのか、
Eさんは話し続ける。

「これはね、民主党の陰謀なんだよ」

え、民主党の?
バイデンとかヒラリーの?

「そう。民主党が、この国を崩壊させようとしてるんだ」
  
そこからのEさんの演説は誰にも止められへん勢い。

目を血走らせ、唾を飛ばし、
民主党がどんだけ悪辣な企みを持っているか、
バイデンやヒラリーがどんだけ悪党か、
そしてトランプがどんだけ素晴らしい大統領か、
延々と喋り続けるEさん。


私はEさんが、
バイデンを嫌いでも
トランプを愛していても、
そんなことは気にならへん。
どうでもいいねん。

それよりも、このコロナ禍
私の食べ物の前で
大声で唾飛ばして喋るんやめてー(涙)

もちろん、私は食べるん止めて、
マスクもつけたよ。


民主党の陰謀よりも、
お前の唾が怖くて、食えるかっちゅうねん。

それでも、初対面の私相手やから、
感情を抑えようとしてるのは
見て取れた。

感情抑えても、この熱さ。

これが、付き合ったりして
もっと仲良くなったら、
そらもう、テレビ見るたんびに
民主党が!バイデンが!
って怒ってるに違いない。

いや、民主党相手にだけやなくて、
この手の人は
常になんか怒る種を見つけて
文句言うたり、キレたりしてるタイプ。

彼が悪い人ではないのは、わかる。
でも、怒りっぽい人はもう嫌なのです。

はよ演説終わらんかなぁ、と思いながら、
適当に相槌打ってましたよ。

喋り終わったEさんは満足げに
そして優しく微笑みながら、おっしゃいました。

「君にはたくさん教えてあげることがあるね」

・・・・・

お気持ちだけありがたく頂いとくことにして、
Eさんをブロックしたのでございます。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ 

  

0 件のコメント:

コメントを投稿

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。