2021年1月5日火曜日

新しい習慣

コロナ禍の中、
わたくしに出来た新しい習慣といえば、
昭和のサスペンス物をひたすら見る。




簡単に言うと、
誰かがお亡くなりになる、
それをたいていの場合、
警察ではない部外者が、
類稀なる推理力で、犯人を見つける。

ていうやつ。

私がまだ十代やった頃、
母がこの手のドラマが大好きで、

当時はビデオデッキで録画しまくって、
でも母は自分で録画予約出来へんもんやから、
それを私に頼んで、

私が忘れると、烈火の如く怒鳴り散らされたりw


火曜サスペンスや、土曜ワイド劇場を
母は見まくっていて、

それに私も付き合わされて、

なんでこんなもんが面白いんやろって
当時は思ってたんよね。


現実から考えると、
奇想天外すぎるトリックが
ネタ切れすることもなく
毎週出てくるんやけど、

今ならわかる。

 

水戸黄門と同じよね。

なんやかや言うても、
最後は必ず犯人が見つかって、
出頭をうながされたり、

警察に取り囲まれて逮捕されたりって、

必ずそういうオチがあるから、

オバハンたちとしては、
食後のお茶飲みながら、
安心して見てられるわけや。


多少アメリカナイズされた私としては、

最後に、
あなたはこうしてこうして犯行しましたね、
ていう話をおとなしく聞いている犯人を見ながら

これ、アメリカやったら
とっくに銃撃戦始まってるよな、とか、

名探偵があなたは、こうしてこうして、
なんて悠長に言い始めるなり、
犯人に発砲されてるよな、

なんて思いながら、
やっぱり亡くなった母のように
お茶飲みながら見てるのです。
 

 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ


応援ありがとうございます。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。