2021年3月13日土曜日

ありがとう、マイラブ

日本でも話題になってるんやろか、
ニューヨークのクオモ知事のセクハラ。

いつも思うんやけど、
日本でもアメリカでも、
なんでこんなに有名で偉い人たちが、
こーゆーことやらかすんやろ。

バレたら、何もかも失うかもしれんのに。

もっともね、
どんなに偉かろうが、有名だろうが、
所詮、男は男。

いや、そこまで上り詰めるほどの
野心家の男やからこそ、
本能の方も強いのかも。

クオモさんの周りの女性たちが
告発している内容が
全てほんまやとしたら、
立派なセクハラ案件もあるのやけど、

そーいうわけでもないんやない?
ていうのも実はある(わたし的には)

 
ニューヨークは北部やから、
また話は違うんやけど、

私がフロリダに来てびびったのは、
やたらと語尾に

マイディアとか
スイートハートとか
付ける人が多い。

中には誰彼構わず、
マイラブてつける人もいてる。

老若男女関係なく、
言う人は言う。

ほんで、その割合が多い。

でも、ニューヨークやったら浮くかなぁw



あとは、なんちゅうても
クオモさんはイタリア系やん。

私の周りでも
イタリア系は特にリアクションが派手やねんけど、

それに限らず、

スキンシップの好きな人は、
やっぱり老若男女関係なく、
めっちゃスキンシップw

コロナ前やったら、
出勤のたび、ハグ。

仕事終わって帰る時にはハグて
私ら、やってたし。

久々に同僚に会ったら、
ハグプラス、ほっぺにキスで
顔に真っ赤な口紅の跡がつくw

私のゲイの同僚は
出勤のたびに、唇にキスしてきたし。

ほっぺやなくて、唇やでw
ちゅってするだけやけど、唇ですよw
(あれにはみんな辟易してたがw)

 
ただ、共通してたのは、
職場の上司が、
この手のスキンシップをしてくることはなかった。

ハラスメントの教育を
がっつり叩き込まれているはずなので、
今の職場でもそうやけど、
管理職の肩書のある人は、
言動にすごく気をつけてる感じ。

どんな立場でも、
相手が不快に思うようなことは
したらあかんし、
アメリカでもハグ嫌いな人は、
ハグされそうになると
逃げてたしw

私個人的には、
コロナ禍になって
友達とハグ出来ないのが寂しい。

今もハグしそうになるねん、
それを、あ、あかん、あかんって
ぐっと抑えるの。

早くこんな状態終わってほしい。

でも政治家さん、その他偉い人は
ハグもキスもスイートハートも
やめた方が身のためやね。



 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ


応援ありがとうございます。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿

読んでくださってありがとうございます。Safariからはコメント出来ないようです。GoogleChromeからだとコメント出来ます。